【Apple整備済製品 iPad Pro(第二世代)|体験談】iPadがお得に買えた話と最強コスパのiPadを教える話。

【Apple整備済製品 iPad Pro(第二世代)|体験談】iPadがお得に買えた話と最強コスパのiPadを教える話。

2021年10月30日

こんにちは。ヒバです。

お久しぶりですね。下記の記事を書いてから2ヶ月も経ってしまいました。

【Hender Scheme bellows wallet|レビュー】1年間使用し、経年変化しまくったHender Schemeの財布を紹介!

こんにちは。ヒバです。 最近、美味しいチャーハンを作れるようになりまして、作るた…
hiba-blog.com

2ヶ月間、何をしていたかと言いますと、コロナワクチンを打ったり、本を読んだり、料理を作ったり。

まあ、簡単にまとめるとやる気が起きなかったということです。

今回、どうしても皆さんにお伝えしたい話があるので、ブログを書きたいと思います。特に、私と同じ大学生の皆さん、要注目です。

お話しする内容はiPadについてです。

余談に、私が思うコスパ最強iPadを紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

どうしてiPadが必要なのか。

https://www.photo-ac.com/

コロナ禍で、オンライン講義が増えて、課題の量が凄まじいことに。家の中はノート用のルーズリーフ紙やレポート紙で溢れ、課題提出日になると作成したレポートがどこにあるのかわからない。そんな状況が続いていました。

そんなゴミ屋敷状態を改善させる方法として、iPadがあるなと思い、YouTubeで「iPad 大学生」と調べてみると、iPadが講義やレポートの際に便利であるということを知りました。

使用する紙の量を減らせる。

これがiPadを求め始めた大きな理由でした。

どの機種を購入するか。

いざiPadを購入しようと思ったのですが、iPadにはたくさんの種類がありました。

無印だのminiだのAir、Pro…。

どの種類を選ぶか、たくさんの時間を使いました。そして得た結論は以下の通りです。

ノートやレポート用として使用するなら、10.9インチ(第4世代 Air)以上のサイズがないと厳しい。

11インチのiPad Proを使用していますが、11インチでも意外と小さいという印象です。特に、スプリットビュー(2つのAppを並べて配置できる機能)を使用するときに、小さいと感じます。

性能的には、第二世代Apple pencilが使えるiPadであれば、問題ないかなと思います。(型落ちも含みます。)

選ぶポイントをまとめると、性能よりも画面のサイズです。自分が使う用途に合わせて画面サイズを選んでください。

大学生であれば、64GB、WiFiモデルで大丈夫じゃないですかね。スマホのテザリングを使えばいいと思います。

Apple認定整備済製品との出会い

https://www.apple.com/jp_edu_1460/shop/refurbished

画面のサイズも決まったので、YouTubeでも絶賛されている、iPad Air(第四世代)を購入しようと思いました。

しかし、ここで「ざわざわ」とカイジ並みの胸騒ぎが…。

Appleの公式ストアをぼんやり見ていると、Apple認定整備済製品というものを発見。

Apple認定整備済製品

Apple認定整備済製品はすべて、新品のApple製品と同様の機能上の基準を満たすため、全項目試験を含む厳格なプロセスで再整備を受けています。整備済デバイスはまったくの「新品同様」で、新品と比べて最大15%引きの特別価格で購入できます。

https://www.apple.com/jp_edu_1460/shop/refurbished/about

認定整備済品について簡単にまとめると、

初期不良などの製品をAppleが公式に整備し、新品同様にも関わらず安く販売しているもの。

「新品同様」という語句に引っ掛かる方も多いと思いますが、Appleが厳格な試験を行い、バッテリーも新しいものに交換しているので、いわゆる「ハズレ」のようなものはない、と言ってもいいと思います。(現在使用しているiPad Pro(第二世代)も、性能に異常や外傷など一切ありませんでした。)

万が一、「ハズレ」を引いてしまった場合でも1年間の保証が受けられます。中古ショップやメルカリで購入するより、何百倍も安心して購入できると思います。

iPad Pro(第二世代)VS iPad Air (第四世代)

{“source”:”other”,”uid”:”86BB2198-C068-46ED-A07E-839146A61745_1635566330453″,”origin”:”unknown”,”fte_sources”:[],”used_premium_tools”:false,”used_sources”:”{\”sources\”:[],\”version\”:1}”,”premium_sources”:[],”is_remix”:false}

Apple認定整備済製品の一覧に、iPad Pro(第二世代)(128GB wifi)が71,800円で売っていたのです。

iPad Air (第四世代)は、63,580円(学割を使用)(64GB wifi)です。

価格差は8000円。これを払う価値は果たしてあるのか。非常に迷いました。

どうして型落ちのiPad Pro(第二世代)なの?というと、ここで性能が出てきます。

iPad Pro(第二世代)と iPad Air (第四世代)、何が大きく違うのか、と言いますと、

ProMotionテクノロジーがついているか否か。

カメラだと思った皆さん。カメラはiPhoneで十分じゃないですか。動作速度は、ほぼ一緒かProがちょっと上です。ポイントは、ProMotionテクノロジーがついているか否かです。むむっ!

ProMotionテクノロジーを簡単にまとめると、

ペンシルで文字を書いたときに、ペン先が触れた瞬間に、画面に素早く反映される。

ProMotionテクノロジーがないものは、殴り書きをしたときにペンは書き終わっているのに、文字がちょっとだけ遅れて画面に反映される。なんてことがあります。

計算をよくするので、この機能は必須だと思いました。8000円は大きな差でしたが、この機能でiPad Proを購入しようと決めました。

まとめ

iPad Pro(第二世代)を購入して非常に満足しています。もう家がゴミ屋敷になること無くなりました。

Apple認定整備済製品は、新品同様のものを安く購入できるので、本当におすすめです。

iPadを購入検討をしている皆さん、Apple認定整備済製品も候補に入れるのはいかがでしょうか。

ここで一つ、

Apple認定整備済製品は一瞬で売れてしまうので、気になっているときに見つけたら即購入することをお勧めします。

余談

ここから余談なのですが、私が本当に狙っていた機種は、Apple認定整備済製品のiPad Pro(第一世代)でした。

iPad Pro(第一世代)(64GB wifi)は、60800円で購入でき、ProMotionテクノロジーがついています。そして、なんとiPad Air (第四世代)よりも安く買えるのです。カメラを使わない私にとっては、iPad Pro(第一世代)が最適解でした。

では、どうして買わないんだ?と突っ込まれますと、「Apple認定整備済製品になかなか出てこない」からです。iPad Pro(第二世代)は、週に一回は出てきました。しかし、iPad Pro(第一世代)は、二週間待っても出てこなかったのです。

二学期が近づいてくる中、これ以上待つことができなかったので、iPad Pro(第二世代)を購入しました。

おそらく、コスパ最強モデルは、Apple認定整備済製品のiPad Pro(第一世代)(64GB wifi)です。

ぜひ見つけたら購入してください。

今回は、これで以上となります。全然ゆるくなかったのは許してください〜〜。

次回現れる時まで、気長にお待ちください〜。では。