【Technics AZ60|レビュー】半年使用して感じたメリット・デメリット。

【Technics AZ60|レビュー】半年使用して感じたメリット・デメリット。

こんにちは。ヒバです。

2週間前に引越をし、色々バタバタしていて、投稿予定日を大幅に無視していました。すいません。

桜の花びらが落ち、3回バイトに落ちた今日、またブログを書いてみようと思い、久しぶりにワードプレスを開きました。

本日は、半年使用したTechnics AZ60のメリットとデメリットについて話します。ぜひ最後までご覧ください。

以前、AirPods Proについての記事も書きましたのでこちらも是非ご覧ください。

【Apple AirPods Pro|レビュー】乗り換えて気づいたAirPods Proの大きなメリット。

こんにちは。ヒバです。 AirPods Proを使って2年が経ったのですが、つい…
hiba-blog.com
スポンサーリンク

Technics AZ60

引用元:https://jp.technics.com/products/tws/az60/

テクニクスの音響技術によりリアルな高音質とクリアな通話音質を実現した完全ワイヤレスイヤホン。

スペックを話すと長くなってしまうので割愛しますが、一言でこの完全ワイヤレスイヤホンを表すと、「音質に特化したワイヤレスイヤホン」です。

音がスッキリ綺麗に聞こえます。それ以外の接続やノイズキャンセリング機能は普通、という感じですね。

今ならギフトがもらえるみたいですね。AZ60であれば3000円のデジタルギフトが貰えるそうです。

上の画像をクリックすれば詳細ページに飛べます。

メリット

1.音質が綺麗

AZ60を使用する前はAirPods Proを使用していました。素人の私でも両者を比較すると音質の違いがはっきり分かりました。

音の粒が立ってはっきり聞こえます。AirPods Proは、なんか曇ってるな〜という感じ、AZ60は、快晴!という感じ。次に紹介するアプリのイコライザーをいじって自分好みの音に変えられるあたりも良いですね。

iPhoneではLDACの音を味わえないのがすごく残念です。LDACのために、次のスマホはAndroidにしようかと考えるほどです。

2.アプリの操作性

アプリで色々いじって、自分好みのイヤホンにカスタムできるのがすごく良い。

特にイコライザーをいじって低音を強くしてみたり高音を弱くしてみたりすると、機械いじってるいじってる!という気分になれます。

3.見た目の良さ

この黒のマットな感じ。ピアス、イヤーカフのようにアクセサリーとして使えるかもしれません。

AZ60をつけてHIPHOP聴くと少し強くなった気分になります。私もAZ60をつけている時は、カッコ良くなったかもと自惚れてます。少しもカッコ良くないですけどね。

4.USB-Cでの充電

AirPods Proを使用していた私には、USB-Cで充電できることに感動しました。

何より充電スピードが早い、すぐ100%になります。コードをUSB-Cでまとめることができるのもすごく良いことです。

早くiPhoneとApple WatchもUSB-Cになってほしいと願うばかりです。

デメリット

1.接続の不安定

AirPods Proの接続性に慣れている人は不便に感じます。

10回に1回くらい上手く接続ができていなくて、スマホから音楽が流れることがあります。接続できているかを確認してから再生ボタンを押すのが良いですね。

私は、講義室でミスチルを大音量で流してしまい、すごく恥ずかしい思いをしたことがあります。このようにならないためにも確認は大切です。

2.光の色がよくわからない

画像に見える青い光。これなんだと思います?正直、私にもよくわからないんです。

緑の光は充電がある、赤の光は充電がない、ということは分かるのですが、それ以外の黄色や水色はよくわからないです。まあ性能に深く関わってはこないので全然大丈夫なんですけどね。

まとめ

こんな感じでTechnics AZ60のメリット・デメリットを話してきました。

AZ60は、justmyvoiceやイヤホンをタップすると音量が変わるなどの機能もありますが、そんなに使っていないので割愛しました。

音質を極めたTechnics AZ60。私にはすごく良いイヤホンでした。毎日、音楽を聴くことが幸せになります。

綺麗な音質を求めている人であればハマると思います。もしも、ノイズキャンセリングや外部音取り込み、接続性を求めている人は絶対にAirPods Proにした方が良いです。

本日はこれで以上となります。ありがとうございました。